ブランド価値が下がってきてる感じがする

エイプが出来た当初はNIGOのネームバリューもあり、希少価値的なアイテムもあり、裏原の全盛期もありと、あらゆる背景でブランドの価値が高かったと思います。

 

しかし、近年、香港企業への売却や、広域流通や大量生産したことによる希少価値感がなくなったこと、また裏原というブランドの衰退化も含めて価値が急激に下がってきていることは、誰の目にも分かってきています。

エイプ高価買取店※ア ベイシングエイプの古着を高く買い取りしてくれる

 

また、志村けんやTKO木下などの着用でおしゃれな人が着ているというイメージは全く無く、逆に着たく無くなってきている人が増えているという逆効果もみられます。

 

ブランドの特徴的なポップな猿のキャラクターが全面にプリントされたスェットやTシャツは、おしゃれアイテムではなく逆に恥ずかしいアイテムにもなりつつあり、都会で着用している人はほぼ皆無といってもいい程、みなくなりました。

 

逆に地方などの田舎では依然人気があるようで、田舎の若年層(中高生)の間では着用者が多く見受けられるため、現在では田舎の若者が着ているといったイメージが定着しているように感じられます。

 

昔のようにブランドの特徴がすぐに分かるようなキャラクタープリントやロゴマークなどがついた服は、今では逆にダサイ服の象徴のようにもみられつつあります。

 

現にアメリカでもロゴを前面に押し出したことが印象的な某ブランドも今後はロゴ使用を廃止していくといった流れもありますね。

 

日本人も他人と被った服を着ることをあまり好まない傾向があることから、エイプのような今だ前面にブランドを押し出している流れも徐々に変化していくのではないかと思います。

 

ただし、ブランドを買収した企業のある香港などのアジア地域では、まだまだ現状のブランドを前面に出したデザインが人気のようなので、販売地域によって差別化するなども必要なのかもしれないと感じます。

 

そうった点も踏まえ、最近はエイプの服を売る方も多くいるみたいですね。
やはり着ない服をいつまでも持っている必要が無いですから。

 

売るからには少しでも高く売りたいのが本音だと思います。そこでお勧めなのが、古着買取専門店です。
何だかんだ言っても、エイプは未だに人気のあるブランドです。その為、買取店では思った以上の値で買い取ってくれる事もあります。

 

クローゼットの奥で眠っているエイプアイテムを持っている場合は、今のうちに売りに出しておくことがお勧めですね。

 

APEを売るなら

 
リンカン

A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)のアイテムの買取なら、買取専門店の「RINKAN リンカン」を利用するのがいいですよ。

 

私もいくつかのベイプアイテムを持っていたんですが、こちらの買取店を利用して思っていたよりかも高く売ることが出来ました(^^)/

リンカン

 

エイプ商品は人気の為、古着でも高値で買い取ってくれる確率が非常に高いんですよ。レアな商品もたくさんありますしね。

 

迷彩柄のエイプカモはもちろん、milo(マイロ)柄のアイテムも人気で高価買取の可能性大です。

 

リンカンは宅配査定が可能となっているので、わざわざ店舗までエイプ商品を持って行くという事もありません。インターネットから申込みし、買い取り希望商品を送ればOK。もちろん送料は無料です(^^)

 

その後、お店から買取査定額の連絡が入り、金額的に納得できればそのまま買取してくれることができます。お金は翌営業日に口座に振り込んでくれますよ。

 

もし納得できなかった場合は?このような時はもちろん無料でキャンセルが可能です。返送費用も無料となっているので、とりあえずいくらになるのか気になる…って場合でも気軽に利用する事が出来ますよ。

 

≫リンカンの買取申込みはこちらから

 

 

フクウロ

アパレル古着宅配買取サイトの「フクウロ」も、エイプを売るならお勧めのお店となっていますよ。

フクウロ

 

フクウロはアパレルブランドに特化した買取サイトとなっているので、エイプなどのファッションブランドを買い取ってもらうならもってこいですね。

 

フクウロも、宅配サービスでの査定が可能となっているので、自宅に居ながら服を査定してもらう事が出来ます。

 

宅配キットを送ってもらう事もかのうなので、段ボールなどを用意する必要もありません。

 

もちろん、査定は無料ですし、商品の郵送費用も無料となっています。

 

≫フクウロの買取申込みはこちらから

 

 

 

買い取り対応地域

北海道地方: 北海道
東北地方: 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
関東地方: 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都(新宿区、中央区、港区、千代田区、文京区、世田谷区、墨田区、江東区、大田区、目黒区、品川区、台東区、渋谷区、杉並区、板橋区、豊島区、北区、荒川区、中野区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)・神奈川県
中部地方: 新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県
近畿地方: 三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
中国地方: 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国地方: 徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州地方: 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄地方: 沖縄県

 

 

エイプQ&A
どのようなものが高価買取してもらえますか?

エイプの定番といえば、カモ柄のTシャツが人気で定番ですが、限定モデルやコラボ商品、シャークパーカー、タイガーパーカー、スノボジャケット、レザーダウンが高価買取が期待できるでしょう。

 

特に、ステューシー、クロムハーツ、マスターマインド ジャパンなどとのコラボアイテムは希少価値があるようです。しかし、限定モデルやコラボ品には偽物が多く流通していますので注意してください。

 

あと、香水、汗臭、柔軟剤のにおいが服に付着していると査定時にマイナスになってしまいます。柔軟剤は香りの強すぎるものではなく香りの柔らかい柔軟剤にすることもポイントですよ。

 

シミなどのためにクリーニングに出す必要はありませんが、保管状態によってシミが出来ている可能性もありますので、使用に難のない程度のお手入れは必要ですね(-ω-)/

 

しかし、「汚れているから買取してもらえないかも…」と思わず、汚れのひどいスニーカーやブーツでも買い取ってもらえますので、諦めないでください(^◇^)

エイプ着用している芸能人

エイプの定番といえば、カモ柄のTシャツが人気で定番ですが、限定モデルやコラボ商品、シャークパーカー、タイガーパーカー、スノボジャケット、レザーダウンが高価買取が期待できるでしょう。

 

特に、ステューシー、クロムハーツ、マスターマインド ジャパンなどとのコラボアイテムは希少価値があるようです。しかし、限定モデルやコラボ品には偽物が多く流通していますので注意してください。

 

あと、香水、汗臭、柔軟剤のにおいが服に付着していると査定時にマイナスになってしまいます。柔軟剤は香りの強すぎるものではなく香りの柔らかい柔軟剤にすることもポイントですよ。

 

シミなどのためにクリーニングに出す必要はありませんが、保管状態によってシミが出来ている可能性もありますので、使用に難のない程度のお手入れは必要ですね(-ω-)/

 

しかし、「汚れているから買取してもらえないかも…」と思わず、汚れのひどいスニーカーやブーツでも買い取ってもらえますので、諦めないでください(^◇^)

そもそもエイプって?

エイプといえば猿のイメージ。エイプの正式名称は「A BATHING APE IN LUKEWARM WATER」で、意味は「ぬるま湯に浸かった猿」です。デザイナーのNIGOさんが「猿の惑星」に触発されたことが始まりだそうです。

 

リーマンショックをキッカケに世界の景気に左右されて、世界的に見るとAPEの人気は絶頂期に比べて落ちて行きました。そして、2011年に香港の企業に買収されました。

 

買収した「I.T」は中国アパレル界の一大グループで、中国にセレクトショップを186店舗も展開する企業です。2010年8月末の段階でNOWHEREグループでは約10億円の負債があり、この負債をI.Tが引き受けて経営を健全化していくとのこと。

 

NIGOさんは現在、APEの仕事から離れフリーランスのデザイナーとして活躍されています('◇')NIGOさんは雑誌のインタビューで「APEを手放して、地に足が着いたというか、人間らしくなったと思います」と語っています。

 

一時期よりは人気が衰退したAPEですが、根強いファンの方はいらっしゃいますよ♪これからのNIGOさんにもエイプも楽しみですね( `ー´)ノ

 

最近のエイプについて思う事

サルのマークでお馴染みのブランド。誰もが若者のときに耳にし、見たことのあるブランドであるエイプ。

 

エイプとして知られている、このザ ベイシング エイプブランドは、アーティストのNIGOさん設立のブランドです。

 

90年代の原宿カルチャーシーンを牽引してきたこのブランドは、若者にもすっかり定着しており特に中・高生の男子でヤンチャなB-boyスタイルを目指す子たちがまず着てみたいと思うブランドです。

 

値段はTシャツでもかなり高めの設定であるし、アウターなどは数万円もするのでこの年代の子達はなかなか手が届かない価格設定をしているように思います。

 

このような子達はアルバイトをしたり、おこずかいを貯めたり、リサイクルショップやオークションを利用して商品を手に入れているようです。ただ、私のような20代の女子にとってはあまり好みの系統の服装の男子ではありません。

 

どちらかというと、着ていたら田舎のヤンキーみたいでいっしょに歩くのは恥ずかしいやらなぁと感じるようなデザインのブランドですね。

 

ただ、これをクラブのDJやら夜の雰囲気をかもしだしている男性がサラッときていたりしたら果たしてかっこいいのかしら。。

 

いずれにしてもあまり私の周りにはいない人種の男性であるし、同様にティンバーランドのチャッカーブーツ、カンゴールのハットやトミー、エビスジーンズなどはちょいと時代おくれでダサいイメージがあります。

 

ニューエラのキャップとか、adidasのスニーカーなどはストリートファッションの定番ですしかっこいいなぁと思いますけど。

 

何より、この手のブランドは音楽、ストリート文化を知らない人が着ると見た目だけでかっこ悪いので注意です。

 

エイプの印象、及び着ている方の印象。

エイプというと、ストリート系という印象が強くあります。若者、それもちょっと不良な若者が大きめのサイズでダボッと着こなすような感じです。

 

上品さや優雅さよりも元気でヤンチャなことがカッコいいとされる層に受けてるのかなと思います。専門店の店員のイメージとしてもイケメンよりもコワモテ、ワイルドな人が多く若干入店しにくい反面、さらりと入れる人がまたカッコ良くも見えたりします。

 

値段も高い!とまではいかなくてもけして安いものではなく、ロゴ?イメージキャラ?である大きな猿のプリントを
着ている人は少なくともファッションに全く興味がないわけではない、コダワリが少なからずあるという印象を受けます。

 

着ている側もある程度そういった目線を自覚している人も多くエイプだけを一点身につけて他はチグハグといった格好は
見当たりません。総じてワル(に憧れてる若者)が好むブランドのように思えます。

 

逆にそういった人に一種の嫌悪を感じるような人、もしくは若者以上の年齢になった人には余り好かれてるようには見えません。

 

良くも悪くも若者専用といった感じでデザインにも主張も大きいブランドなので、本当に上手く着こなさないとすぐに下品になりすぎ若者ぶった痛いオヤジになりかねません。

 

また数年前に雑誌などで大きな流行になったため、着ている人が流行に乗っかるような中身の薄い人間に見えるといった悪印象もあります。

 

流行ものの宿命ではありますが、流行り過ぎたために分かる人に通じる渋いセレクトではなくとりあえず流行ってる、流行ってたしその威光に乗ればとりあえず間違いないんだろうという人も増えたといった弊害です。

 

独自性が高いために流行の時期が過ぎるとその独自性が古臭く感じるようになるのも難点です。

 

ですが今ぐらいになると更に進み上記のような批判を受けてもなお好きだ、それでも良いんだとまた客層が洗練された時期に入ったのかもと感じます。

 

雑誌などの第一面に大きく派手に取り上げられることは無くなりましたがどこかのページに必ず三つ四つのアイテムは
紹介されるようなある種定番としての地位も確立しつつ飽きられるほどに表には出ない安定したブランドになりつつあるのではないでしょうか。

 

総じて、ワルそう、若者向け、一昔前(から)のモノ、有名ブランドである、といった印象を受けます。